お問い合わせ
募集要項
TEL:028-676-0555
日本語 | English 

日本語教師養成講座
(420時間コース)

実践力が身につく。

毎年4月・10月開催!

当講座の特徴

1.

栃木県内で唯一、日本語学校が開設する文化庁届出受理日本語教師養成講座。

2.

実際の外国人留学生を相手にした教壇実習。

3.

”実践力”と”即戦力”が身につくことを重視。すぐに日本語教師として活動可能。

講座概要

開講月講座日時期間
毎年4月・10月月曜から金曜日
9:15~13:00(45分×4単位)
6ヵ月
受講料
450,000円(税込486,000円)
※入学金20,000円(税込21,600円)と教材費等を含みます。

定員について

定員に達し次第受付を終了させていただきます。
開講に必要な募集定員(最少定員)に満たない場合は、開講しないことがあります。その場合受領した受講料は全額返金いたします。
予めご了承ください。

講座のお申し込み、講座に関するお問い合わせは、ホームページの「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

文化庁届け出受理講座

日本語教師養成講座
420時間コース(文化庁届け出受理番号:H30031409002)

日本語学校 ジャパン・スクール・オブ・ビジネスの日本語教師養成講座420時間コースは、
文化庁届け出受理講座(文化庁届け出受理番号:H30031409002)です。

日本語教師になるには下記のいずれかが要件です。
1.大学で日本語教育に関する主専攻または副専攻を修了
2.日本語教育能力検定試験に合格
3.日本語教師養成講座420時間を修了※1

※1 文化庁「日本語教員養成において必要とされる教育内容」に基づく。
注)420単位時間以上の養成講座を受講される方については、学士資格を有しなければ法務省告示の日本語教育機関では勤務できません。

養成講座カリキュラム

社会・文化・地域

社会・文化・地域に関する基礎的な知識を有し、日本語教育の実践と関連付ける能力を養います。

日本語教育の歴史と現状

日本語教育の歴史と現状を知り、日本語教育のあり方や必要性を学びます。

言語学

日本語教育に関する言語学的知識を習得します。

言語とコミュニケーション

伝える、聞く、問いかけるという言語コミュニケーションの基本機能を学びます。

心理学

言語理解の課程や言語習得・発達、異文化理解について学びます。

文法・文体

基本的な国文法を学び理解し、外国人に日本語を教える際の文法指導法を学びます。

音韻・音声

日本語の音韻・音声について学び、学習者の発音の習熟・矯正の方法等を習得します。

語彙・意味

日本語の語彙を体系的に学び、音韻・語構成・意味や用法を詳しく学びます。

文字・表記

日本語の歴史的仮名遣いを含め、現代における漢字、平仮名、片仮名、ローマ字等を用いた複雑日本語教授法な日本語を理解します。

日本語教授法

日本語を母語としない学習者に日本語を教える日本語教授法を学びます。

日本語教育と評価

日本語教育におけるさまざまな学習者や分野における評価について学びます。

実習

入門、初級、中級レベルの指導内容を学び授業ができるようにします。

教室活動

教室活動について学び授業での実践に活かします。

講座のプロセス

1.指導法を学ぶ

初級・中級指導法・技能別やテーマ別の指導ポイントを具体的に学びます。

2.教案作成

実際の授業をイメージしながら、教案(指導案)を作成します。
指導項目によっては、オリジナルの教材作りや有効な教室活動を学びます。

3.模擬授業・教案 指導

教案に沿って模擬授業を行います。
担当講師から具体的アドバイス、教案の添削や教材のチェックを受けます。

4.実技(実習)

講師の指導のもと、実際の外国人学生を相手に授業を行います。
実習ではコースデザイン、カリキュラム作成、授業、評価を行い、トータルコーディネート力を養います。

5.フィードバック

講師から適切なアドバイスを受け自身の授業を客観的に評価をします。

※個人情報保護方針(プライバシー・ポリシー)に従い個人情報は適正な管理を行うとともに、保護に努め、講座に関する事務連絡や成績管理、募集活動以外の目的には使用しません。

このページを印刷する(PDF)

個人情報の取り扱いについて